【これって裏ネタ!? その5】THE☆予報士=ささやん

ライフレンジャー自己紹介・ささやん予報士編

ライフレンジャー自己紹介、第4弾はささやん予報士です。ささやんは超難関(通算28回の気象予報士試験、平均合格率は5.5%!※2016年10月 報道参考資料より)の気象予報士試験に一発合格したスーパーマン。天気のことは完全に全部頭の中に入っているに違いない!何でも知ってて何でも答えてくれる、私にとっては「天気の辞書」みたいな存在です。

sasagawa_winter

疑問に全部答えてくれる。しかもわかりやすく。

職場が地上200mの高層階にあるので、窓の外の状況を見ながらあれこれ疑問がわくのですが、その都度ささやんに「なんで?どうして?」と質問します。毎日最低1つ。その全てに対し、ささやんは丁寧に解説してくれます。
「天気予報を見るより、窓の外を見るのが早い」とボソッと言ってましたが、まさしくそのとおり!なんでここまで天気博士になれたのでしょう?
聞けばささやん一家は皆さん天気に詳しいそうで、祖父方が農家だったことが深く関係しているらしいです。確かに、農家といえば天気問題は死活問題。気象状況生活に直結している環境で育ったから「天気」がものすごく身近だったんですね。

10582934_525713367573159_4928338642835952868_o
↑ささやん撮影

数字に強くてロマンチスト、幅の広さも超一流

今年の6月、ささやんは「この梅雨時に、一年でいちばん雨が降らない特異日がある」と教えてくれました。この驚くべき事実を元に、ジューンブライドにからめた紹介記事をアップ。データとか数字にめちゃくちゃ強いのに、その表現法はいたってソフト。気象現象としては虹が大好きで虹を見るためにバイクを1時間走らせる。カメラ片手にコスモスの花を撮影にいくとか、好きな映画がディズニーだったりとか、ささやんは深度だけでなくとにかく幅も広いのです。

sasagawa_%e3%83%80%e3%83%96%e3%83%ab%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%9c%e3%83%bc 9
↑ささやん撮影のダブルレインボーとコスモス

ささやん予報士の仕事とは

ライフレンジャーの1ヶ月予報とか3ヶ月予報、ご覧いただいている方も多いと思いますが、ささやんはこの長期予報を担当しています。ライフレンジャーのユーザー様の声と一番近い立ち位置で、サービスの内容をとにかくブラッシュアップしていくチームのリーダーです。

次回は私の心の中のアイドル、美しきさーちゃん予報士の登場です!


%e6%85%b6%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93_%e5%86%acor
けいのっちです。少し前までささやん予報士と同じチームで席も目の前でした。
今は席が少し離れましたが、日課(?)の天気関連の質問攻めは継続中です!

【バックナンバー】
①けいのっち自己紹介
②カジー予報士紹介
③きよ予報士紹介
④かな予報士紹介

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の末っ子的存在。キラキラしたOLに憧れを抱くが、元来モノグサで女子らしい努力は苦手。ライフレンジャーで天気を担当するようになって、やっと毎朝天気の確認をするようになった。バッグには常に折り畳み傘が入っているが、用意周到なのではなく出し入れが面倒なだけという噂も。細かいことが気になるお年頃。