6月に一番よくハレる日、教えます。

6月といえばジューンブライド。

ライフレンジャーをご利用いただいている方には働き盛りの年代の方も多く、これから結婚や、プロポーズを考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一生に1度の(場合が多い)大切なシーン。

そこで必ず気になるのが天気。大切な日に雨‥考えただけでも湿っぽい気持ちになりますよね。

今回は、過去の統計データから6月に最もよく晴れる日を調査。最高の一日を最高の青空・星空とともに迎えたい方、必見です!

IMG_2122

■一番日差しに恵まれるのは、ずばり6月1日

日差しの多さを測る指標として、日照時間というデータがあります。図5

上のグラフは東京の例ですが、全国ほとんどのエリアで6月の中で日照時間が多いのは6月上旬!6月1日をピークに後半にかけて日照時間は少なくなる傾向にあります。

特にこの傾向が顕著なのは東~西日本。要因としては、6月中~下旬になると各地梅雨に入ってしまいますからね。梅雨入り前が各地ねらい目!


■雨が少ないのも、やっぱり6月1日

東京の過去10年間の実際の天気をより詳細に解析しました。

0.5mm以上(傘が必要な程度)の雨が降った日とそうでない日の比較

図4

雨が降らなかった日数を縦軸に。過去10年でもっとも雨が少なかったのも、ずばり6月1日!しかも10年で1回しか雨が降っていない!すごいぞ6月1日!


■ところで梅雨入りっていつごろ?

毎年5月の中ごろから沖縄、6月にもなると徐々に梅雨入りの範囲は北まで広がってきます。

図1

ちなみに去年は九州は6/2、関東甲信も6/3に梅雨入りしてます。

昨年実績で見ても、6月1日はかなりお勧め!もう大切な人へ思いを伝えるのはこの日しかないんだぜ!

 

(※本記事はあくまでも統計に基づくデータです。10日程度前からはTOPページの各地の天気予報をご確認ください。)

sasagawa_summer今年の6月1日はどうなるのか、実際の天気とともに、みなさまの恋の行方がとても気になるささやんです。

1ヵ月後の天気の予測は難しいですが、過去の傾向って結構参考になるものです。天気予報っていろんな使い方があるのですよ。

今後も天気に限らずさまざまなテーマを取り上げていきますのでお楽しみに!

(2016/05/13 21:30更新)


【皆様の声をお聞かせください!】

今後Topicで取り上げてほしいテーマはなんですか?自由にご意見ください!

⇒ アンケートはこちらから

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部随一の知恵袋。意外なものからどんぴしゃなものまで幅広く対応が可能。旬の食材に敏感で料理のセンスもかなり高め。カメラ、散歩、芝生で昼寝など「日向の人」というイメージだが、海や湖といった巨大な水溜りにテンションをあげるという一面も。大事な予定を立てるときの本気予報的中率はほぼ100%。頼れるお天気お兄さんである。