今週の天気は?? きょう激しい雨に注意

きょう17日にかけて、西・東日本に暖かく湿った空気が流れ込むため、四国、近畿、東海地方では大気の状態が非常に不安定となる見込みです。高知県の三崎では0時40分までの1時間に40.5ミリの激しい雨が降りました。

竜巻などの激しい突風や落雷、急な強い雨、土砂災害や浸水害に注意してください。

【注意期間】

四国地方:~17日昼前まで

近畿地方:17日未明~昼過ぎ

東海地方:17日朝~夕方

 

17日あさ6時の雨域予想

20161016_17%e6%97%a56%e6%99%82%e9%99%8d%e6%b0%b4%e4%ba%88%e6%83%b3

17日正午の雨域予想

20161016_17%e6%97%a512%e6%99%82%e9%99%8d%e6%b0%b4%e4%ba%88%e6%83%b3

今週の天気

北日本から初霜や初氷の便り届き始め、15日(土)は関東地方でも今季初の氷点下となりましたが、今週は西・東日本では先週ほどの冷え込みはなく、日中は夏日になる日もある見込みです。

今週、天気が大きく崩れるのは17日(月)と22日(土)。その他は西・東日本では概ね晴れる見込みです。

一方、北日本では20日(木)と23日(日)は冬型の気圧配置となり、北海道に強い寒気が南下する見込みで、北寄りの風が強まり、北日本の日本海側はしぐれて、北海道では平野部でも雪の降る可能性あります。

沖縄・奄美では週の後半にかけて晴れる日が多いですが、週末になると湿った空気が流れ込む影響で、ぐずついた天気になる見込みです。気温は平年より高めで真夏日になる日も。

(2016年10月17日01:00更新)


miyahara_winter

みやっちです。気温の変動が大きいこの季節、ちょっとした外出でも油断はせず、その日の気温にあった服装でお出かけしましょうね。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。