【これって裏ネタ!? その4】桃レンジャーとりきゅー船長=かな予報士

ライフレンジャー自己紹介・かな予報士編

こんにちは、けいのっちです。ライフレンジャーの自己紹介の記事を書くにあたり、インタビューをしています。この数ヶ月同じチームにいてほとんど毎日会って一緒に仕事をしてきている人なのに、知らないことが結構あったんだ!と新鮮な驚きのある今日この頃です。新鮮な驚き、といえばこの人=かな予報士。

<かな予報士アイコン>
koike_winter

かな予報士の情熱で天気予報の未来が変わるかも!?

いつも元気いっぱいで、やる気と夢に満ち溢れているかな予報士。ライフレンジャーを気持ちの面から引っ張っている人だと思います。編集部をチームリーダーとしてまとめあげ、3D雨雲ウォッチというアプリでゲリラ豪雨に立ち向かい、天気や気象に関わる「困りごと」を解決すべくいくつものプロジェクトで奮闘している姿は頼もしくもあり、私が思っていた気象予報士さん、とはちょっと立ち位置の違うポジションというイメージです。なんていうか、レンジャー道というものがあるなら、かな予報士はその道をズンズン前進している気がします。

3d%e9%9b%a8%e9%9b%b2
そもそもかな予報士が気象予報士になったきっかけが、環境の変化や自然災害で尊い命が奪われていくことに心を痛め、なにか役に立てることがないか!と発がん性物質や環境のことを学び、予報士の資格を取得。いわゆる「天気」だけにとどまらず、それを生かして人の役に立ちたい・・・と真剣に取り組んでいるのが、かな予報士なんです。

りきゅー(チワワ)命!りきゅー中心の生活、らしい。

かな予報士はエネルギッシュで真面目な人だけど、決してカタブツではありません。家にはりきゅーというチワワを飼っていて、編集部の会議でもりきゅーの名前が口に出ないときがないくらい、寵愛。りきゅーの写真を見ているかな予報士の目は、溶けて流れてしまいそうなほどです。
暑い季節の散歩ではわんこ目線で熱中症の心配をしたり、対策を思案したり。この夏休みには、りきゅーと一緒に八ヶ岳へ!

%e3%82%8a%e3%81%8d%e3%82%85%e3%81%86%ef%bc%91%e3%82%8a%e3%81%8d%e3%82%85%e3%81%86%ef%bc%92

ベランダではガーデニング。「なかなかやりますよ」と豪語するけど夏は全部枯れていたらしい・・・笑

%e5%b0%8f%e6%b1%a0_%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%8b%e3%83%b3%e3%82%b0

かな予報士の仕事とは

ライフレンジャーのサービス向上、新しい価値の創造。つまり、何があれば・どうすれば、皆さまの生活のお役に立てるかを考えて実現化するのが、かな予報士の仕事です。予報士の知識を幅広く活用していくかな予報士は、頼もしい限りです!

かな予報士編、いかがだったでしょうか?次回は私の直属のボスだったにもかかわらず、未だに全貌が見えない。けれど面倒見はとてもいい!博士キャラのあの人が登場します。
え、結局どんな人なのその人?と思ったら17日を乞うご期待。


%e6%85%b6%e9%87%8e%e3%81%95%e3%82%93_%e5%86%acor
けいのっちです。実は私の下の名前も、「かな」。
かながかなを紹介する回、どうでしたか?
最近はすごく寒くなったのでライフレンジャーメンバーでも風邪やお休みが増えています。そんなときは小学生に戻った気持ちで手洗いうがい!

ちなみにかな予報士が頑張っている3D雨雲ウォッチはコチラから!

【バックナンバー】
①けいのっち自己紹介
②カジー予報士といえば!
③きよさん+自然=最強

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の末っ子的存在。キラキラしたOLに憧れを抱くが、元来モノグサで女子らしい努力は苦手。ライフレンジャーで天気を担当するようになって、やっと毎朝天気の確認をするようになった。バッグには常に折り畳み傘が入っているが、用意周到なのではなく出し入れが面倒なだけという噂も。細かいことが気になるお年頃。