奄美地方で梅雨明け

夏の太平洋高気圧が勢力を拡大し、きょう(26日)は奄美地方で梅雨明けが発表されました。平年・昨年と比べて3日早い梅雨明けです。この先、真夏日や熱帯夜が続く見通しで、熱中症にはより注意が必要となります。

期間中の降水量は記録的な大雨となった十島村(中之島、平島、諏訪之瀬島)を中心に多くなり、692.5ミリを記録した名瀬も平年に比べて100ミリほど多くなりました。

■梅雨期間中の降水量(5/7〜6/25)
(速報値)

※平島、諏訪之瀬島、小宝島、宝島は、期間の不足等の理由により平年の統計値はありません。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。