2022年さくら開花予想

「ソメイヨシノの開花は北日本で早め」

3月17日に福岡から始まったサクラ開花前線は順調に北上を続けています。
青森県でも続々と開花が始まり、一部の地域では満開を迎えたスポットも。今後は気温が温かい状況が続く見込みのため、開花が加速しそうです。

今季は12月後半から1月の冷え込みによる花芽の目覚め(休眠打破)はある程度順調であったと見られ、一方で2月から3月にかけては気温は平年並みで推移し、花芽の生長は順調に促進、東~西日本ではほぼ平年並みの開花となりました。
北日本では気温が平年より高い状態で推移しているため、開花は昨年並みに早い見通しです。

開花のタイミングは直前の天気推移も大きく影響し誤差が生じますのでご留意ください。
なお、開花から満開までの期間は、開花後の天候や気温に左右されますが、北日本ほど短くなる傾向があります。

※現在新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、各地で外出自粛要請が出されておりますので、各自治体からの発表をご確認いただきご協力頂けますようよろしくお願いいたします。
また、その影響により掲載地点の情報(営業時間の変更・施設の臨時休業等)の変更が随時行われております。その都度情報の更新を行っておりますが、状況が日々変わりますので、施設の管理者が発表する公式情報も併せてご確認いただけますようお願いいたします。

シェア!