2020年 紅葉の見頃は?

9月から10月はじめにかけては全国的に高温傾向となっていたため、山沿いでの色づきがかなり遅れていましたが、10月からは北日本や東日本を中心に寒気の影響で朝晩冷え込むようになって季節の前進も見られるようになってきました。
24日現在、北海道では大沼公園や支笏湖周辺、本州では十和田湖、苗場・谷川岳、妙高いもり池、高瀬渓谷、碓氷峠などで紅葉見頃を迎えています。

この先10月後半から11月にかけては全国的にやや気温は高めで推移する予想となっていることから、かなり遅かった昨シーズンに比べると早まり、平年と同じまたはやや遅い見頃となる予想です。

<お知らせ>
今シーズンの紅葉スポットでは、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、平年と異なる運営が行われている可能性があります。紅葉情報で提供しております各会場の情報は、感染状況などから規制や閉鎖など随時変更される可能性があり、またその内容が掲載内容院反映されるのに時間がかかる場合もございます。お手数ですが、おでかけの際には最新の情報を各施設・会場の公式サイトなどでもご確認いただけますようお願いいたします。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

写真撮影の腕は、某ネイチャー系媒体で受賞するほど。「まだ見たことのないナニカ」と出会うことに喜びを感じ、行動範囲は世界規模。海にも山にも精通し、生物観察を至上の幸福とする。通勤時間が人より長めだが、脳内整理の時間に充てている。予報士の資格を幅広く世の役に立てたいと願う理系女子。