【11/14 朝イチ!】スーパームーンは見られる?

今日は、西から下り坂で、九州北部や山口県は朝から、その他の西日本は夕方頃から、東海も一部では午後から、北陸や関東では夜に入ってから雨が降り始める見込です。関東から西の方は、お出かけの時雨が降っていなくても傘を持つと安心でしょう。一方、沖縄は晴れますが、東北や北海道では夕方か夜には次第に曇って来る所が多い見込です。

11%e6%9c%8814%e6%97%a512%e6%99%82%e3%81%ae%e4%ba%88%e6%83%b3%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%88%86%e5%b8%8312時の予想天気分布
(水色:晴れ、灰色:曇り、緑・赤色:雨)

日中の気温は、北海道北部で平年並の他は、ほぼ全国的に平年より2度~4度、北陸では6度前後も高く、今日もまだ、平年より高めの所が多いでしょう。

14%e6%97%a5%e3%81%ae%e4%ba%88%e6%83%b3%e6%9c%80%e9%ab%98%e3%83%bb%e6%9c%80%e4%bd%8e%e6%b0%97%e6%b8%a9今日の予想最高/最低気温

(2016年11月14日 4時30分更新)



トミーです。昨日もお知らせしたように、今夜は満月で、月が1948年(昭和23年)以来68年振りに地球に近づいて、大きく見える「スーパームーン」(天文用語ではなくハッキリした定義はありませんが「とても大きな満月」の意味で使われている)です。今年最大の満月で、今年もっとも小さい満月(4月22日)と比べて、明るさは30%増、見かけの大きさは14%増になり、次に同じくらいの大きさになるのは18年後の2034年11月26日になります。今夜の20時21分に最も地球に近い点を通過し、南中時刻の少し前の22時52分に満月になります。満月の瞬間、視直径は約33分30秒角で、これが今年最も大きく見える満月の瞬間です。この時、地球の中心から月までの距離は356520.2kmと計算されています。

11%e6%9c%8814%e6%97%a5%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e5%9b%b3

%ef%bd%bd%ef%bd%b0%ef%be%8a%ef%be%9f%ef%bd%b0%ef%be%91%ef%bd%b0%ef%be%9d%e6%af%94%e8%bc%83%e5%9b%b3%e2%91%a0今年一番大きく見える今夜の満月と
最も小さく見えた4月22日の満月の比較

<国立天文台より>

ただ、今夜は、沖縄県と北日本の一部で晴れ間があり見られる他は、あいにく、雨や曇り空の所が多い天気が予報されています。夕方には既に月が見えるので、北日本の方は早めの方が見れるチャンスがあります。

11%e6%9c%8814%e6%97%a521%e6%99%82%e3%81%ae%e4%ba%88%e6%83%b3%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%88%86%e5%b8%8321時の予想天気分布
(水色:晴れ、灰色:曇り、緑・赤色:雨)

2016%e5%b9%b411%e6%9c%8813%e6%97%a5%e3%82%b9%e3%83%bc%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%bc%e3%83%b31%e6%97%a5%e5%89%8d%e2%91%a3昨夜(13日夜)千葉から見たお月様

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。