信州・北陸からも初冠雪の便り

日本海側で晴れた昨日は、山形・福島・群馬県はじめ、長野や富山・石川県からも、この秋初めて、初冠雪の便りが届きました。
11%e6%9c%882%e6%97%a5%e5%88%9d%e5%86%a0%e9%9b%aa

いずれも平年より遅く、特に北陸では16日~25日も遅い観測でしたが、立山と白山が同時に初冠雪を観測するのは、2011年以来、5年振りということです。

%e7%99%bd%e5%b1%b1%e3%81%ae%e5%88%9d%e5%86%a0%e9%9b%aa

2日 白山の初冠雪

(2016年11月3日 5時更新)



トミーです。今日、文化の日は、東京では「晴れの特異日」とされています。東京都心では昨夜から雨が降り始めましたが、未明には止んでいます。今日は、晴れの特異日らしく、急速に回復し晴れて来る見込みです。過去27年間(1989年~2015年)の6時~18時まで、東京と大阪の日中の天気を調べると、晴れる可能性は共に6割で、東京では曇りも含めると、9割は雨が降らない日になります(夜間を除いて)。ただ、少ないですが雨の降る可能性もあります。(東京では過去2日、大阪は4日)

11%e6%9c%883%e6%97%a5%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%87%ba%e7%8f%be%e7%8e%87

今日の日中は、昨日、初冬並の寒さだった東京では、平年並まで上がり、行楽・お出かけ日和になるでしょう。
 <特異日とは?>ある天気(気象)状態が、「その前後の日と比べて」大きな確率で現れる日のことです。従って、例えば毎年ある特定の日に晴れが多い場合であっても、その前後の日も晴れる日が多い時(晴れの多い季節)は、特異日とは言いません。この他、東京の晴れの特異日としては、1月16日、3月14日、6月1日などがあります。また、雨の特異日としては、3月30日、6月28日、7月17日などがあります。
なお、昨日は気象衛星「ひまわり9号」の打ち上げが実施され予定の軌道に投入し、成功しました。11月10日頃、高度36,000キロの静止軌道に乗せ、2022年の本格運用まで、「ひまわり8号」の予備機として待機します。

%e3%81%b2%e3%81%be%e3%82%8f%e3%82%8a9%e5%8f%b7%e6%89%93%e3%81%a1%e4%b8%8a%e3%81%92161102

<時事通信提供>

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。