奄美で梅雨明け

夏の太平洋高気圧がさらに勢力を拡大し、奄美地方で梅雨明けが発表されました。
平年より11日早く、昨年より18日早い梅雨明けで、6月中旬に明けるのは1984年以来の早さとなります。
梅雨の期間は短くなりましたが、期間降水量は名瀬で380ミリとほぼ平年並みでした。
この先しばらくは太平洋高気圧に覆われて、晴れて暑い日が多くなる見込みです。

前線の舞台は本州へ

前線の舞台は本州へ

きょうは東〜西日本も梅雨の中休み。夏の陽射しが降り注ぎ、厳しい暑さとなる見込みです。カラダが暑さに馴れていませんので、熱中症にはご注意下さい。

(2016年6月16日 10:50更新)


iwamoto_winter

がんちゃんです。

沖縄に続き奄美も梅雨明けし、ひと足先に夏本番です。
「梅雨明け10日」と言いますが、この先しばらくは安定した夏空が広がりそうです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。