週末は真夏日に 熱中症に注意

あす土曜日にかけて北海道付近を低気圧が通過する見込みで、北海道では雷を伴った激しい雨の降るところがあるでしょう。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水に注意してください。昨日、発生した地震で揺れの大きかった地域では、地盤の緩んでいるところがありますので、土砂災害に十分注意してください。

熱中症_対策

この週末は太平洋高気圧が張り出し、梅雨の晴れ間に。真夏日になるところも多くなる見込みですので体調管理にご注意ください。

【注意事項】

①外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。

②激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動は避ける。

③運動する場合には、頻繁に休息をとり水分・塩分の補給を行う。

④体力の低い人、暑さになれていない人は運動を中止する。

※日本生気象学会「日常生活における熱中症予防指針Ver.3」(2013)

※(公財)日本体育協会「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」(2013)

各地の週末天気

[北日本]

東北では土曜日に天気は回復し、日曜日は30℃前後まで気温が上がる見込み。北海道も日曜日は晴れる見込み。

[東日本]

週末は概ね晴れが続き、真夏日になるところが多くなる見込み。日曜日の午後は西から雲が広がり、北陸では雨が降りだす見込み。

[西日本]

土曜日にかけて広く晴れる見込みで、真夏日になるところが多い。日曜日は梅雨空が戻り、広い範囲で雨。それでも30℃近くまで気温は上がる見込み。

[南西諸島]

土曜日は雲が広がるところもあるが、概ね晴れる見込み。日曜日は晴れて、連日真夏日に。

(2016/06/17 11:00更新)


miyahara_winter

みやっちです。

この週末は、熱中症に関して、警戒や厳重警戒レベルの地点が多くなる予想です。自分は大丈夫と思わず、しっかり対策をするようにしてください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。