九州北部で「春一番」が吹きました

今日(16日)、九州北部地方(山口県を含む)で「春一番」が吹いたと、16時20分に福岡管区気象台が発表しました。
九州北部地方は、中国東北区にある低気圧と日本の南海上にある高気圧との間で気圧の傾きがやや大きくなっています。このため、九州北部地方では南よりの風が強まり暖かい日となっています。

16日(木)15時の天気図
chartmap_640x440_2017021615_t00

16時までの各地の最大瞬間風速と最高気温(速報値)は以下のとおりです。
福岡市中央区
⇒南南西 10.4m/s 18.6℃
下関市竹崎
⇒東8.3m/s 15.3℃
佐賀市駅前中央
⇒南南東 10.1m/s 16.1℃
長崎市南山手町
⇒南6.6m/s 16.9℃
大分市長浜
⇒北北東5.8m/s 15.4℃
熊本市中央区京町
⇒南西7.7m/s 17.5 ℃

春一番とは、冬から春への移行期に初めて吹く暖かい南よりの強い風です。九州北部地方では、およそ7m/s以上の南よりの風が吹き、前日より気温が上がっている事を目安に春一番のお知らせを発表しています。

(2017/2/16 17:00更新)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。