【3.11特集】地震が起きたらまず「身の安全」

災害に備えた準備はもちろん、そのときどのように行動するかを知っておくことはとても大切です。地震の規模や被害の状況にもよりますが、地震が発生してから3日目くらいまで、時間経過にそった行動基準があります。今回は地震発生から直後の行動についてまとめてみたいと思います。

地震発生!とるべき行動とポイント

▼地震発生
「ぐらっときたら、まず身の安全」
*揺れを感じたり、緊急地震速報を受けたら、自身の身の安全を最優先に行動する

落下物から頭を守るためにテーブルの下にもぐる。固定されていない家具から離れ「落ちてこない」「倒れてこない」「動いてこない」空間に身を寄せて、揺れがおさまるまで様子を見る。調理中の場合は台所から離れる。屋外にいる場合はカバンなどで頭を守る。

▼地震直後
「揺れがおさまったら、火の始末」
*火を使っているときは、揺れがおさまってから落ち着いて火の始末をする。

出火しているときは、慌てず冷静に消火(火が小さいうちに初期消火につとめる)。

【災害時の知識・火災】避難のポイントをおさえておきましょう

阪神・淡路大震災以前は「ぐらっときたら、火の始末」というのが常識でした。現在では震度5弱以上の揺れを感知すると自動的にガスの供給を遮断し、火が消えるようなしくみになっています。揺れている最中に慌てて火を消そうとすると、かえって熱湯や高温の油が飛び散るなど、ケガやヤケドの危険が高まります。実際に大きな揺れの最中には「なにもできない」状態になりますので、まずは自分の身を守ることを最優先にしましょう。

▼地震後
「出口の確保・落ち着いた行動」
*揺れがおさまったらすぐに逃げられるよう、避難経路を確保する。避難のときは慌てずに。ガラスの破片や落下物などでケガをしないよう、靴を履く。

靴がないと逃げられません。特に夜間や就寝時など、真っ暗な中かで靴を捜すのはとても困難です。靴(と靴下)は枕元に常備するようにしてください。(軍手もあるとさらに安心です)

大きな揺れでドアが変形して室内に閉じ込められてしまう場合もあります。身の安全が確保できたら、すぐにドア(や窓)を開けるようにしてください。※窓は窓ガラスが割れて危険な場合もありますので注意が必要です。

「家族(同僚・隣人)の安否確認」
*揺れがおさまったら、大きな声を出してお互いの安否を確認する。

家族がそれぞれ違う場所にいて被災した場合は、災害伝言ダイヤルなどのツールを利用し、自身の安全を伝えてください。また、日頃から被災にあった場合の集合場所や連絡の手段を家族で話し合っていることも大事です。倒れた家具などの下敷きになっている人がいる場合は、協力し合って救出しましょう。

「確実に避難」
*近所の火災や津波など、身の危険が迫っている場合は確実な避難を。

沿岸部では津波の危険、また、自宅以外で火災が発生している場合もあります。身の危険を感じたら一時集合場所や避難場所に避難してください。津波警報が発令されたら、高台など安全な場所にすばやく避難します。
避難が必要な際にはブレーカーを切って、ガスの元栓を締めます。

【災害時の知識・電気】停電時の対処と準備

「正しい情報収集」
*ラジオやテレビ、行政などからの正しい情報を得る。

間違った情報で行動しないよう、くれぐれも「正しい情報」を得ることを心がけてください。

(アール)

シェア!