【暦のコト】暑さが落ち着くのと秋が来るのはちょっと違う?

「処暑」も二十四節気のひとつですが、ひとつ前に「立秋」があるのに、また「暑」という文字が入るって…と、少し違和感というか、どうして?と思っていました。色々調べてみると“秋の気配が出始める”のと、“だんだんと暑さが落ち着く”では、意味が全然違うと気づきました。

「立秋」を過ぎると、夏から秋へ季節の移行が始まります。「処暑」には暑さが落ち着いて空気が冷えていき「白露」を向かえて秋が深まっていく、といったイメージでしょうか。

ネット上の情報などでは、処暑の頃には台風が襲来しやすいとありましたが、気象庁の記録などを見ても特にこの日に台風が多いといったデータを得ることはできませんでした。ちなみに台風の特異日とされているのは9月17日と26日です。

■子どもが主役のお盆?

この頃の行事としては、8月24日を中心とした前後2日間に「地蔵盆」という風習があります。京都を中心とした近畿地方や北陸などで行われる行事で、お地蔵さまの縁日です。ここで言うお地蔵さまとは「道祖神」のこと。路傍や辻(道が交差した場所・三叉路など)にいらっしゃるお地蔵さんです。村の守り神でもあり、子孫繁栄として信仰されたことに由来して「地蔵盆」では子どもが健やかに育つことを願います。

■夏バテに注意

暑さが和らいでくる時期とはいえ、30度を超え熱帯夜となる日もあります。夏の期間の疲れがたまり、体調を崩しやすい時期でもありますので注意が必要です。旬の食物などを食事に取り入れ、しっかり栄養を補給し充分な休養を。
ちなみにこの時期のオススメ野菜は「ナス」。「秋ナスは嫁に食わすな」なんて言葉がありますが、この言葉、意地悪な意味ではなく「この時期のナスは美味しいけれど、食べ過ぎると身体を冷やしてしまうから注意が必要」という思いやりの意味があるそうです。ナスは水分が多いので身体を冷やすといわれているようです。


こんにちは、アールです。暦の上ではどんどん「秋」になっていってるはずなんですが、特に関東地方は8月に入ってから3週間近く連続で「雨」。日照時間が異様に短いとのことで、夏らしい夏を感じることなく秋になってしまうのか…とちょっと残念な気持ちもあります。ギラギラした太陽がちょっぴり恋しい、なんて思ってしまう今日この頃。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。