日曜日にかけて春本番の暖かさ

本州付近を通過する低気圧や前線に向かって暖かな空気が流れ込み、早くも春本番の暖かさになっています。この暖かさは16日(日)にかけて続く見通しで、積雪の多い地域ではなだれや落雪のほか、道路冠水など路面状況の悪化に注意が必要です。

16日(日)にかけて暖気優勢

この週末は低気圧が短い周期で日本付近を通過するため、天気の移り変わりが早いでしょう。

あす14日(金)と15日(土)は西日本と沖縄・奄美地方を中心に雨が降り、15日(土)は九州地方で雨の降り方が強まるおそれがあります。低気圧の通過後は天気回復して、晴れ間もあるでしょう。最新の気象情報をチェックして、お出かけや洗濯物のタイミングを見つけてくださいね。北日本や東日本も一時的に雨の降るところがありますが、晴れの時間が長いでしょう。

一方、16日(日)は日本海と南海上をそれぞれ低気圧が東進するため、沖縄~東北地方の広い範囲で雨が降り、北海道は雪が降る見込みです。低気圧の発達程度によっては風が強まり、荒れた天気となる可能性があります。

来週前半は寒さ戻る

16日(日)の夜になると日本付近は西高東低の冬型気圧配置になり、上空に寒気が流れ込み始めます。来週月曜日は全国的に気温は急降下し、寒暖差がかなり大きくなりそうです。体調管理にご注意ください。

また、西日本の日本海側はJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)とよばれる帯状に連なる雪雲が流れ込み、雪の降り方が強まるおそれがあります。雪解けと積雪を繰り返すとなだれや落雪のリスクが高くなりますので、来週にかけて雪害に注意が必要です。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。