季節外れの暖かさと長雨

記録的な暖冬で経済活動にも大きな影響が出ている今年の冬。本州の南海上には早くも季節を分ける前線が現れて西・東日本は来週にかけて曇りや雨の日が多くなりそうです。

きょう23日(木)は前線を伴った低気圧が本州付近を東進し、西日本には暖かく湿った空気が流れ込み、九州北部を中心にまとまった雨。長崎県平戸市では未明に1時間に30ミリの激しい雨を観測しました。

24日(金)09時の予想天気図↑南海上に前線が停滞

各地の週末の天気

◆北日本
24日(金)から25日(土)にかけて冬型の気圧配置となり、北海道の上空1,500m付近に-18℃以下の強い寒気が流れ込む見込みです。北海道日本海側は雪が降り、北よりの風も強まるため、暴風やふぶきに注意が必要です。26日(日)は冬型の気圧配置は次第に緩み、天気は回復へ向かうでしょう。東北地方や北海道の太平洋側は週末にかけて晴れが続きますが、この時期らしい厳しい寒さが戻ります。防寒対策をしてお過ごしください。

◆東日本
北陸地方は24日(金)はしぐれた天気となりますが、土・日曜日は晴れ間が広がり、お出かけ日和となるでしょう。関東甲信や東海地方は金・土曜日はおおむね晴れて洗濯物が片付けられそうです。ただ、26日(日)以降は前線や低気圧の影響で冷たい雨となり、関東甲信地方の平野部でも雪が降る可能性があります。最新の気象情報を確認するようにしてください。

◆西日本
24日(金)は瀬戸内地域や近畿地方で晴れ間が広がる見込みですが、そのほかの地域はすっきりしない天気が続き、九州地方は週末にかけて傘が活躍するでしょう。26日(日)は西から雨雲が広がり、九州~近畿地方の広範囲で雨が降る見込みです。来週にかけて気温は平年より高めに経過する見込みですが、雨に濡れて風邪などひかないようにしましょう。

◆沖縄・奄美地方
25日(土)にかけておおむね晴れますが、26日(日)は天気が崩れて各地で傘の出番となるでしょう。27日(月)にかけて雨が降りやすく、雷を伴って雨脚が強まる可能性がありますのでご注意ください。また、週末にかけて日中は25℃前後まで気温が上がり、4月中旬~下旬並みの暖かさとなりそうです。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。