残暑が厳しいお盆休み、台風5号の動きにも注意を

◆今週の天気のポイント
・残暑が厳しいお盆休み。熱中症に厳重な警戒を。
・沖縄や九州は台風5号の動きに注意。

今週は晴れる日が多いですが、台風5号の動きや北海道の大雨に注意が必要です。

【北日本】
北海道は低気圧や前線の影響を受けやすく、曇りや雨の日が多いでしょう。11日(火)ごろは大雨の恐れがあり、14日(金)~15日(土)も雨脚が強まりそうです。
東北は10日(月)まで雨が降る所がありますが、その後はおおむね晴れる日が続くでしょう。梅雨明けを特定しなかった東北北部にも、ようやく青空が戻ってきそうです。

↓今週の予想気圧配置↓

北海道は低気圧や前線の影響を受けやすい

【東日本】
高気圧に覆われて晴れる日が多いですが、12日(火)~13日(水)は大気の状態が不安定になり雨や雷雨の所がありそうです。最新の雨雲の様子を確認し、雨に備えて下さい。

最新の雨雲の確認は雨レーダーでチェック!
雨レーダーを開く
※PCから閲覧の方はTOPページへ遷移します。

【西日本】
10日(月)にかけて台風5号が東シナ海を北上する見込みです。日本に上陸することはありませんが、九州では雷を伴った激しい雨が降る恐れがあり、強風や高波にも注意が必要です。11日(火)も雨の所がありますが、その後は各地で晴れる日が続くでしょう。

↓台風5号の進路予想図↓

沖縄や九州は台風5号の今後の動きに注意を

【沖縄】
10日(月)まで、台風の影響による大雨、強風、高波に注意をして下さい。11日(火)も雨が続きますが、その後はおおむね晴れるでしょう。

体温を超えるような危険な暑さの所も…

全国的に真夏日が続く所が多く、猛暑日の日もあります。中には最高気温が40℃近くまで上がる所がある見込みで危険な暑さになるでしょう。さらに、西日本や東日本では最低気温が25℃以上の熱帯夜が続き、暑さが収まることはなさそうです。立秋も過ぎ暦の上では秋を迎えていますが残暑は厳しく、引き続き熱中症には厳重な警戒が必要です。
今週はお盆休み。ことしは新型コロナウイルスの影響で外出の機会が減ってはいますが、近場への散歩などでも炎天下の外出は避けるようにして下さい。また、マスクをしていると熱がこもりやすいので人との距離が十分に保てる時には外すようにしましょう。
家の中で過ごす機会が多くなっています。エアコンを利用して室内を適度な温度に保ち、快適に過ごして下さい。
日中のこまめな水分補給はもちろんのこと、夜寝る前にも水分をとって喉が渇かないようにしましょう。

(気象予報士:ふぅ)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

どうやら私は、ものごころのついていない赤ん坊の頃から、天気予報が始まると、テレビの前に座って、キャッキャキャッキャ喜んでいたそうです。空をボーッと眺めるのが好きで、高台にあった学校では、授業中に空を眺めては、物理の先生に注意されておりました。こんなキャラですから、気象予報士になることは私の運命だったのかも。