知らないと後悔するかも?火山情報で危険を回避!

最近ニュースなどで、草津白根山や蔵王山の噴火警報が報じられていますよね。
火山情報を見てもどこかピンと来ず、「自分には関係ない」と思っていませんか?
火山災害は、非難までの時間的猶予がほとんど無いため危険度が高く、命に関わるものが多いです。
「あの時ちゃんと知っておけば…」と後悔する前に、ライフレンジャーの火山情報を使って、身の安全を守りましょう!

■火山情報のアクセス方法
TOP画面から「メニュー」→「気象・災害」→「火山」をタップすると、火山情報にアクセスできます。

■火山の危険度が一目で分かります!
レベル別に火山の危険度が表示されているから、危険な山が一目で分かります。
「実際どのくらい危ないの?」「避難は必要なの?」そんな疑問も、これを見れば解決!
普段からチェックして、いざという時に備えましょう。

火山の状況を今すぐチェックできます!

■火山灰が気になる方に!風向もすぐにチェック!
火山上空の風の状況も、画像ですぐ確認することができます。
39時間後の風の状況も分かるので、外出や洗濯物の取り込みなど、次の行動をスムーズに決めることが出来ます。
「火山灰が気になる…」という方は、こまめにチェックがオススメです。

39時間後の風速・風向きが一目で分かります!

火山情報は、なかなか普段から確認する習慣が無いかもしれません。
ですが、いざという時に自分だけではなく、周りの大切な人を守れるように、これを機にチェックしておきましょう!

シェア!