【1/26 朝イチ!】日本海側でも穏やかな真冬の日

昨日25日の状況

昨日は寒波の峠が超え、日最深積雪は西日本から北陸では減っていますが、新潟・群馬県から東北の各地では増えて、今冬最多を記録しています。
(各県の最多地点)
青森県八甲山系酸ヶ湯:275センチ、山形県大蔵村肘折:272センチ、新潟県津南町津南:224センチ、群馬県みなかみ町藤原:209センチ、岩手県西和賀町湯田:132センチなどです。
日最低気温は、24日に今冬初めて氷点下30度台まで下がった北海道上川地方占冠では氷点下28度8分とわずかに上がりました。ただ、日最低気温が0度未満の「冬日」の地点が822か所あり、1月14日の830か所に次いで2番目に多く、全観測地点の88%に達しました。

今日26日の天気

今朝3時の気象衛星の雲画像を見ると、日本海と東シナ海にあった寒気に伴う筋状の雲が消えて、日本付近は晴れ間が広がって来ています。

1月26日3時気象衛星雲画像

3時の気象衛星ひまわりの雲画像

今朝9時の予想天気図ではまだ、西高東低の冬型の気圧配置ですが、縦縞の等圧線が減って、冬型が緩んで来ています。このため、今日は日本海側では雪の止む所が多く、日中は晴れたり、日が差し、全国的に穏やかな冬晴れになる所が多い見込みです

1月26日9時予想天気図

9時の予想天気図

1月26日天気予報

26日の天気予報

今日26日の気温

気温は今朝まではまだ、冷え込む所が多いですが、日中の最高気温は全国的に昨日より上がり、平年並か少し高めになり、厳しい寒さが和らぐ見込みです。また、風も弱いため、日向では日差しの暖かさを感じるでしょう。

1月26日予想気温

26日の予想気温(最高/最低)

今日26日の波高

4時現在、沖縄県先島諸島で強風・波浪注意報が発表されています。この他はこの時期としては珍しく、注意報が発表されている海域はなく、日中いっぱい比較的穏やかに経過する海域が多い見込みです

1月26日12時予想波高分布

12時の予想波高分布
(2メートル以下の海域が多い)

(2017年1月26日 04:00更新)



トミーです。今日は真冬にしては珍しく、日本海側でも晴れたり、日の差す所があり、貴重な一日になりそうです。
昨日25日は、稚内で「流氷初日」を観測しました。 これは、平年より 19 日早く、昨年に比べても 38 日も早い 観測です。一方、沖縄県石垣島ではヒカンザクラが平年より4日早く、昨年に比べ18日早く開花しました。サクラの開花は1月14日の那覇に次いで2か所めです。くしくも日本の最北端と最南端の気象台からの季節の便りです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。