【週末天気】雪解け進む なだれ・落雪に注意

きのう26日(木)は日本海側も含めて青空が広がりましたが、乾燥注意報が発表されている地域も多くなっています。きょう27日(金)は西~北日本は風が強まるため、火の元、暖房器具の取り扱いには十分ご注意ください。

27日(金)は北海道の北を低気圧が発達しながら東に進む見込みで、低気圧に向かって、南から暖かな空気が流れ込みます。日中寒さは和らぎますが、積雪の多い地域ではなだれや落雪に注意が必要です。

除雪作業は慎重に!!

雪下ろし

また、昼~夕方にかけては寒冷前線が北海道~本州を通過する見込みで、北・東日本の日本海側では雨や雷雨になるため、なだれ・落雪に一層の注意が必要となります。

27日15時の前線に伴う雨域予想

20170126_27日15時降水予測

27日09時の風予想

20170126_27日09時風予測

午前中は南寄りの風強まる

27日21時の風予想

20170126_27日21時風予測

前線通過後は北寄りの風が強まり北日本は大荒れ

前線通過後の夕方以降は北から寒気が流れ込むため、北日本では雨から雪にかわり、28日(土)夜にかけて暴風や高波、猛吹雪に警戒が必要です。

西~東日本は週末土曜日は晴れてお出かけ日和となりますが、日曜日は日本海側で次第に天気が崩れてくるでしょう。朝晩と日中の寒暖差が大きいですので、服装で調整するようにしましょう。

(2017年1月27日00:00更新)


miyahara_winter

みやっちです。1月29日(日)に第47回気象予報士試験が行われます。受験される方はこれまでの成果を出し切り、桜を咲かせましょう!!

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。