【1/17 朝イチ!】寒の内らしい寒さに戻る

昨日16日の状況

昨日は寒気のピークが過ぎて、今冬の「真冬日」や「冬日」の発生地点数、全国の「日最低気温」や「日最深積雪」などの記録の更新はありませんでした。ただ、地点別では兵庫県和田山の日最深積雪が52センチに達し、1982年の観測開始以来、最多になりました。
16日現在、道府県で最高「日最深積雪」地点を対象に、今月10日から16日までの日最深積雪との差を見ました。最も積雪量が多かったのは山形県大蔵村肘折の151センチ、次いで、新潟県津南町の144センチで、この1週間で、北陸から岐阜県・長野県・群馬県の北部山沿いと東北の南部で1メートルを越える雪が積もり、山陰~近畿北部でも50センチ前後の雪が積もりました。山梨県河口湖だけ減っています。

1月16日全国の積雪
16日の道府県の
最高「日最深積雪」地点の
10日からの最大積雪差(量)

今日17日の天気

今朝3時の気象衛星ひまわりの雲画像を見ると、日本海と東シナ海の寒気に伴う筋状の雲が大分、大陸から離れて、太平洋側でも西日本の沖で見られる程度で、範囲が小さくなって来ており、寒気の勢いが弱まっていることが分かります。

1月17日3日気象衛星雲画像
3時の気象衛星ひまわりの雲画像

今朝9時の予想天気図でも移動性高気圧が黃海に進み、西から冬型が緩んで来る気圧配置になっています。4時現在、大雪警報が発表されているのは、長野県北部・中部地方(上田・佐久地域と麻績村・筑北村)と群馬県北部地方(みなかみ町と片品村)ですが、朝までには注意報に切り替わる見込みです。
今日は沖縄南部と九州の日本海側で曇りがちで、山陰~東北の日本海側ではまだ、日中いっぱい雪か雨の降る所が多いですが、大雪の峠は越えています。一方、沖縄本島~九州(福岡・佐賀・長崎県を除く)と東北の太平洋側まで、および北海道では、冬晴れか雲の多い晴れの所が多い見込みです。

1月17日9時予想天気図
9時の予想天気図

1月17日天気予報
17日の天気予報

また、今朝4時現在、波浪警報が石川県・富山県と新潟県(上越・佐渡)に発表されていますが、朝には注意報に切り替わり、日中は高波が収まって来るでしょう。

1月17日12時予想波高分布
12時の予想波高分布
(日本海は4メートル以下)

今日17日の気温

ここしばらく居座った寒波が抜けて、今日は一部を除き全国的に気温が上がり、日中は平年並の寒の内らしい寒さに戻る所が多い見込みです。

1月17日予想気温
17日の予想気温(最高/最低)

なお、現在、気象庁から発表されている全般気象情報(全国向け)はありません。

(2017年1月17日 04:00更新)



トミーです。今日はやっと寒波から脱し、風も弱まり、厳しい寒さが和らぎ、晴れるところでは、日差しの温もりが感じられるでしょう。ただ、積雪の多い所では引き続き、落雪やナダレなどの事故に注意して下さい。今朝は阪神淡路大震災から22年目を迎えます。あらためて「備えあれば憂いなし」の諺を思い起こします。寒の内で寒さもピークですが、白梅やスイセン、蝋梅・ヤブツバキなど冬の花は平年より早めに開花し始めています。

雪下ろし

1月16日白梅
白梅(16日千葉県で撮影)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。