【4/15 朝イチ!】「春雷」に注意!!

日本海側は朝から、近畿~東北では晴れていても、午後~夕方にかけ「春雷」(急なにわか雨や雷雨)に注意して下さい。日中の気温は、大型連休の頃の暖かい陽気が続く見込みです。

今日15日の天気
北方を低気圧が通過し、オホーツク海は低圧部が続きます。一方、本州の南海上には東方海上の高気圧から西に伸びる気圧の峰が張り出し、南高北低の春型が続くでしょう。今夜は次の低気圧がやや発達しながら北海道に近づいて来る見込みです。

9時の予想天気図

今日は山陰から北の日本海側と沖縄県先島諸島では、あいにく曇りや雨のスッキリしな天気が続くでしょう。この他の地方は晴れか雲の多い晴れの所が多いですが、本州の上空にやや強い寒気が入るため、特に近畿~東北の太平洋側でも、午後から夕方にかけ山沿いや内陸を中心に非常に不安定になり、雷雲が発生し「春雷」で、急なにわか雨や雷雨、落雷や突風、降ヒョウなどにも注意して下さい。お出かけの時は折り畳みの傘など持つと安心でしょう。

15日の天気予報

15時の降水予測

今日15日の気温
日中の最高気温は、山形・秋田県で昨日より下がり今頃の陽気に戻る他は、全国的に昨日と同じ位まで上がり、平年(今頃)より2℃~4℃高い、大型連休の頃の暖かい陽気の続く所が多いでしょう。特に九州は5月~6月上旬の頃の25℃を超えて夏日になる所もある見込みです。なお、積雪の多い山にお出かけの方は引き続きナダレに、沢や川などは融雪による増水などにも注意して下さい。

15日の予想気温(最高/最低)

関東から西では20℃以上

今日15日の波高
4時現在、和歌山県北部・神奈川県東部・東京23区と島根県隠岐・石川県能登・新潟県佐渡、秋田・青森県と網走・紋別を除く北海道に波浪注意報が発表されています。和歌山は朝までに波が収まって来ますが、山陰から北の日本海側と関東南部は南西の風が強まり、今日いっぱい波の高い状態が続くので注意して下さい。特に低気圧が近づく北日本の日本海側では、今夜から南西の風が更に強まり、シケる海域もあるので、明日にかけ引き続き注意が必要です。

15時の予想波高分布

北日本の日本海沿岸は2.5m以上



トミーです。週末で、陽気も良く、お花見などお出かけの方も多いかと思いますが、近畿~東北では晴れていても、午後は急な天気の急変に注意して下さい。雷鳴が聞こえたり、黒い雲が見えたら近くの建物や車などに避難することをお勧めします。雷雲は1時間位で通過する所が多いでしょう。

天気の急変に注意

昨日は長野・山形でソメイヨシノ(桜)が開花し、九州~東北南部まで全ての観測地点で開花し、桜前線はみちのくを北上し、東北北部に向かいます。那覇からディゴ、神戸からタンポポ、富山からチューリップの開花、静岡からツバメ、松江・奈良・横浜からはモンシロチョウの初見の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。