南大東島で猛烈な風 50.1m/s

大型で非常に強い台風10号は大東島地方に最接近しており、南大東島では20時01分に最大瞬間風速50.1m/sの猛烈な風を観測しました。

台風はあす昼前から夕方にかけて奄美地方に、あす夜には九州南部に接近する見込みです。暴風域の規模が大きく危険半円に入ることから、奄美地方や九州地方では記録的な暴風や高潮となるおそれがあります。鹿児島県ではあす午前中に「暴風、波浪、高潮」の特別警報が発表される可能性があります。

また、九州と四国〜東海の太平洋側は断続的に活発な雨雲がかかり、九州南部などでは記録的な大雨となるおそれがあります。土砂災害や河川の氾濫に厳重に警戒して下さい。

お住いの地域の災害リスク(土砂災害の危険エリア、河川氾濫、高波や高潮による浸水エリアなど)をハザードマップなどで確認し、早めに安全な場所に避難して頑丈な建物内の窓から離れた場所で身の安全を確保してください。

(気象予報士:みやっち)





シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。