九州~東海 太平洋側を中心に大雨警戒

梅雨前線の活動が再び活発となり、九州や中国、四国地方に雨雲が広がっています。このあと西海上から発達した雨雲が流れ込むため、今夜(29日)は次第に雨脚が強まり、激しく降るところがあるでしょう。

30日(火)21時予想天気図

30()から71()にかけて、日本海を東進する低気圧や前線に向かって南西~西南西から暖かく非常に湿った空気が流入する見込みです。

そのため、九州と四国~東海地方の太平洋側を中心に雨雲が発達し、局地的に非常に激しい雨が降り、多い所で総雨量200~300ミリを超える大雨となるおそれがあります。

30日(火)正午の予想降水域

ここ数日で大雨となっている地域では地盤が緩んでいる可能性がありますので、少しの雨でも土砂災害に警戒が必要です。その他の地域も河川氾濫や道路冠水、土砂災害に警戒し、早めの準備、早めの避難を心掛けましょう。

異音がしたら要注意

また、天気図上の等圧線の間隔が狭くなるため、太平洋側を中心に風も強まり横殴りの雨となるところがありそうです。関東地方も30()夕方から1日(水)にかけて沿岸部を中心に風が強まる見込みです。交通機関が乱れる可能性もありますので、ご利用の際は最新の運行情報をご確認ください。

最新の雨雲の動きは雨レーダーでご確認ください。




シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。