前線活発に 日本海側中心に大雨警戒

梅雨入り早々に梅雨末期に流れ込むような暖かく非常に湿った空気が流れ込んでおり、梅雨前線の活動が活発となっています。

14日(日)09時の予想天気図

九州〜関東甲信の各地で断続的に雨が降っており、土砂災害や浸水害の危険度が高まっているところがあります。

東日本は今夜一旦雨の止むところが多くなりますが、あす14日(日)は西から活発な雨雲が広がり、中国、北陸地方を中心に雨量はさらに増える見込みです。東北地方もあす夕方以降は雨脚が強まり、15日(月)にかけて大雨となるおそれがあります。土砂災害や川の増水、道路の冠水に注意してください。また、沿岸部を中心に西寄りの風が強まりますので、強風にもご注意ください。

最新の雨雲の動きは雨レーダーでご確認ください。




シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。