土日は広範囲で大荒れ 雨風対策を

九州〜東北地方の広い範囲に雨雲が広がり、高知県では降り始めからの総降水量が200ミリに達しているところがあります。九州南部付近の前線を伴った低気圧は発達しながら今夜にかけて四国、近畿地方を北東に進み、あす16日夜には北海道付近に達する見通しです。

15日(土)21時の予想天気図

きょう15日(土)は太平洋側に暖湿な空気が流れ込み、西日本日本海側の上空に寒気が流れ込む見込みです。その影響で九州~東北地方の太平洋側や九州北部、中国地方を中心に雨雲が発達し、局地的に激しい雨が降り大雨となるおそれがあります。土砂災害や川の増水などのリスクが高くなりますので、身の回りの様子を確認し早めに安全なところに移動するようにして下さい。

24時間予想降水量(~15日夕方)の分布

低気圧の発達に伴い、風も強まるため横殴りの雨となり西〜北日本の太平洋沿岸では4~5mのシケとなる見込みです。関東地方もきょう午後は次第に雨風が強まり見込みで、沿岸部では鉄道など交通機関が乱れる可能性がありますので運行状況にもご留意ください。

あす16日(日)にかけて低気圧はさらに発達する予想で、あす日曜日は北日本と北陸地方を中心に大荒れの天気となり、関東地方の沿岸部も強風が続く見通しです。太平洋側のほか日本海側も次第に波が発達し、シケまたは大シケとなるおそれがあります。最新の気象情報をご確認ください。

16日(日)21時の予想天気図

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。