北海道 あすにかけて大気不安定

北海道の標高の高いところでは一足早く紅葉の見頃を迎えていますが、秋を深める上空の寒気は大気の状態を不安定にさせる要因になります。

今夜からあす朝にかけて北海道付近を寒気を伴った気圧の谷が通過する影響で、日本海側と太平洋側西部ではきょう夕方〜夜遅くにかけて活発な雷雲がかかり、局地的に非常に激しい雨になる見込みです。短時間大雨による道路の冠水、落雷や竜巻などの激しい突風に注意してください。

きょう18時の予想雨域

きょう24時の予想雨域

<雨の予想>
■23日18時から24日18時までの
1時間雨量の最大値

渡島・檜山地方 … 50mm
石狩地方          … 40mm
空知・後志地方 … 30mm
胆振西部・中部 … 30mm
■23日18時から24日18時までの
24時間雨量

渡島・檜山地方          … 100mm
石狩・空知・後志地方 … 80mm
胆振西部・中部          … 60mm

発達した積乱雲の近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど安全の確保に努めてください。急ぎの用事がなければ早めの帰宅を心がけましょう。

天気の急変に注意





 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。