【危険を回避するために】 浸水・冠水が起きたらどうすればいい?

大雨が降ると、「浸水・冠水に注意してください。」といった注意喚起を耳にする機会が増えると思います。
「浸水」・「冠水」ともに大雨により引き起こされる現象です。この二つの現象にはどのような違いがあるのでしょうか? 浸水・冠水がおきたときにどんなことに注意をすればよいかについて解説します。

◆浸水
定義:住宅などが水に浸かること。
※床上浸水、床下浸水、低地への浸水といった表現をします。

◆冠水
定義:田畑や道路などが水をかぶること。


■浸水・冠水がおきてしまったら

◆自宅を守るために
床上・床下浸水が起こると、1階のトイレや浴室、洗濯機などの排水溝から水が逆流することもあります。土嚢(どのう)や水嚢を便器の上や排水溝の上に置くことで、逆流を防ぐことができます。

◆命を守るために
~避難のとき~
大人も子供も水深が膝より高い位置に達するとと水に流がされる危険が高まります。そのため、浸水深が膝よりも高くなる前に避難することが重要です。また、避難の際はできる限り複数人で行動することも大切です。
冠水した道路では、普段見えているマンホールの蓋や用水路、側溝が見えなくなってしまっています。マンホールや用水路、側溝に足を取られて流されることも考えられます。これはとても危険で命を落とす危険性が高いです。
冠水した道路を歩くときは、普段見慣れた道でも油断せず、細心の注意を払う必要があります。長い棒や傘などを持ち、道を探りながら一歩一歩ゆっくりと歩くようにしましょう。

~運転しているとき~
道路冠水した道を運転した場合、車のエンジンが停止、水圧で扉を開けることができず立ち往生してしまうケースも想定されます。
アンダーパスや、道路がえぐられている電車ガード下の道路といった、いやゆるスリバチ状の道路に水たまりが発生している場合は、絶対に入らず、引き返しましょう。


■大雨の際、絶対にやってはいけないこと

・増水した川や用水路などを見に行くこと
・田んぼや畑を見に行くこと
・橋のそばに行くこと

様子を見に行きたくなる気持ちがあっても絶対に近寄ることはやめましょう。大雨によって隠れている側溝に足をとられたり、橋が壊れて流される危険性があります。不用意な外出は避け、安全第一で行動する判断をしてください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

「プリンセス」という称号がマッチする麗しいヴィジュアルと、好きなことはとことん突き詰めてモノにする芯の強さを併せもつ。絵を描くことが好きで腱鞘炎になっても描き続けた経緯あり。中学生の頃、雲に魅せられ空を眺め続けて1時間。毎朝4時起きで猛勉強し気象予報士試験に合格。