近畿地方で「木枯らし1号」

今朝、近畿地方で「木枯らし1号」が吹いたと、大阪管区気象台から発表がありました。これは昨年、10月25日より、4日遅い観測です。

10%e6%9c%8829%e6%97%a512%e6%99%82%e3%81%ae%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%9b%b3
29日12時の天気図

低気圧が三陸の東の海上でやや発達しているため、日本付近は西高東低の冬型の気圧配置になったため、近畿地方では北風が強まり、「木枯らし1号」が吹きました。
午後2時までの各地の最大瞬間風速(メートル)は、次の通りです。
10%e6%9c%8829%e6%97%a5%e6%9c%a8%e6%9e%af%e3%82%89%e3%81%97%e7%9e%ac%e9%96%93%e9%a2%a8
近畿地方の「木枯らし1号」基準:①期間は霜降(今年は10月23日)~冬至(今年は12月21日)、②気圧配置が「西高東低の冬型」、③北よりの風が、最大風速8メートル以上を目安に、基準を満たした最初の日です。
なお、この他、「木枯らし1号」は、東京地方でも発表されていますが、こちらは関東地方ではなく、東京都心の気象庁の観測が基準で、①の期間が、10月半ば~11月末、②は同じで、③は西北西~北風で、最大風速8メートル以上となっています。東京では今日はまだ、最大風速6メートルで、基準に達していません。

(2016年10月29日 15時更新)



トミーです。いよいよ木枯らしの吹く季節になりました。来週は大陸から寒気が南下しやすい気圧配置になります。秋が一層深まり、北海道では雪の降る日が多くなり、東北からも初雪の便りがあるかも知れません。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。