東海・関東甲信で梅雨明け

きょうから8月のスタート、太平洋高気圧がパワーアップして本格的な夏が始まりました。

きょうは東海地方と関東甲信地方の梅雨明けが発表されました。いずれも平年より11日、昨年より8日遅い梅雨明けで、1951年の統計開始以降では梅雨明けの時期が特定されなかった1993年を除き、東海地方は過去3番目、関東甲信地方は2007年に並ぶ過去4番目に遅い梅雨明けとなりました。

きょうは沖縄と西・東日本、北海道の各地で夏空が広がっており、午前中からグングン気温が上がっています。このあとさらに気温が上がり、九州〜東海地方では35℃以上の猛烈な暑さとなるところもありそうです。炎天下の外出はなるべく控え、室内でも涼しくしてこまめに水分補給を行ってください。

なお、午後は東北地方のほか、関東甲信や東海地方、西日本も不安定な天気となり、山沿いを中心ににわか雨や雷雨となるところがある見込みです。最新の雨雲の動きは雨レーダーでご確認ください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。