西日本 続々梅雨明け 熱中症に警戒を

まもなく7月が終わり、週末はいよいよ8月に入ります。
各地で豪雨被害をもたらした梅雨前線の活動が弱まり、九州北部と中国、四国地方は7月30日に、近畿地方は31日に梅雨明けが発表されました。平年より9~12日遅い梅雨明けです。

西日本付近は地上から上空12,000メートル付近まで高気圧の勢力下となっており、暖かな空気に覆われています。

本格的な夏を迎え、西日本や沖縄・奄美地方は来週にかけて厳しい暑さが続く見通しです。梅雨明け直後は特に熱中症にかかりやすい時期ですので、感染症対策に加えて熱中症対策もしっかりと行うようにしましょう。豪雨被災地で復旧作業をされる際はこまめに水分補給と休憩の時間をしっかりと設けて安全に行ってください。

この週末は太平洋高気圧に覆われる西日本や沖縄・奄美地方は夏空が広がり、35℃以上の猛暑日となるところもあるでしょう。直射日光を避け、喉が渇かなくてこまめに水分を摂るようにしてください。

7/31(金)21時の予想天気図

東・北日本は弱い気圧の谷の影響で週末にかけて変わりやすい天気が続く見込みです。局地的に雨脚の強まるところもありそうです。ただ、8/2()頃からは太平洋高気圧が北へ張り出す予想で、夏空の広がるところが多くなる見込みです。 

天気の急変にご注意

梅雨明け後も内陸部や山沿いを中心に急な雨や雷雨に注意が必要です。外出中に空が暗くなる、冷たい風が吹く、遠くから雷の音が聞こえるなど天気急変のサインに気づいたら、早めに頑丈な建物の中に移動して身の安全を確保しましょう。また、洗濯物を濡らさないようにこまめに気象情報をチェックしましょう。最新の雨雲の動きは雨レーダーでご確認ください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。