奄美地方で梅雨入り

本日(5/14)、奄美地方で梅雨入りが発表されました。平年より3日遅い梅雨入りです。

きのうは東シナ海の梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、沖縄県与那国島では3時間降水量が276.5ミリに達する「50年に一度の記録的大雨」となり、24時間では450ミリを超え、道路の冠水や床上・床下浸水の被害が相次ぎました。
また昨夜は岐阜県でも局地的に1時間100ミリを超える猛烈な雨が降り、気象庁は大雨災害のおそれがあるとして沖縄県と岐阜県にそれぞれ「記録的短時間大雨情報」や「土砂災害警戒情報」を発表しました。

今年も大雨シーズンが始まります。気象庁や自治体などが発表する防災情報に注意するとともに、いつでも避難できるように非常持出品の準備や避難経路の確認などを行っておきましょう。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。