大型連休前半の天気傾向は?

今週は木曜日にかけて暖かい空気が流れ込みやすく、西日本や東日本も25℃以上の夏日となるところが続出しそうです。真夏のような暑さでなくても急に気温が上がるこの時期から熱中症対策への心がけが大切。こまめな水分補給と休息をなさってくださいね。

紫外線も強め

さて、この週末からいよいよ大型連休が始まります。今回は連休前半(~5/1)の天気の傾向についてお伝えします。

北海道~九州地方は周期的に天気が変わる見通しです。連休始めの土日は晴れるところが多い見込みですが、4/29(月)の昭和の日は西から天気が崩れ、西日本を中心に傘の出番となりそうです。その後は天気は回復し、時代の節目となる4/30(火)と5/1(水)は晴れ間が広がる見通しです。

沖縄は前線や湿った空気の影響でスッキリしない天気となる日が多い見込みですが、晴れ間もありそうですので日差しを有効に活用して下さい。

また、週末になると季節外れの暖かさ(暑さ)はいったん落ち着き、連休始めは比較的過ごしやすくなるでしょう。北日本は寒気が流れ込み、山沿いを中心に雪の降るところがありそうです。峠道等の運転を予定されている方は路面状況についても事前に情報を得るようにしましょう。

なお、上記の予報や見通しは変わる場合がありますので、最新の情報を確認して無理のない計画をお願いいたします。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。