各地で記録的な暖かさ 福岡・大阪は夏日

日本海を進む低気圧や前線に向かって南から暖かな空気が流れ込み、各地で12月としては記録的な暖かさとなっています。
沖縄県では宮古島29.8℃、波照間島29.7℃など真夏日一歩手前、福岡市や大阪府堺市なども25℃以上の夏日を記録し、全国300を超える観測地点で12月の最高気温を更新しました。

きょう夕方からあす明け方にかけては寒冷前線が列島を南下し、広い範囲で大気の状態が不安定となります。局地的に雷を伴って雨の強まる時間帯がありますのでご注意ください。

きょう18時の予想雨域

あす(5日)は北日本中心の冬型の気圧配置となって寒気が流れ込むため、北海道や東北地方は気温急降下。週末はさらに強い寒気が流れ込み、全国的に真冬並みの寒さとなります。週末にかけて気温が乱高下しますので、体調管理には十分ご注意ください。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。