四国・中国・近畿・東海・関東甲信地方で「梅雨明け」!

気象庁から今朝は中国・近畿・東海・関東甲信地方で、午後に入り四国地方でも「梅雨明けしたと見られます」との発表がありました。

12時の紫外線予測

●四国地方は平年(7月18日頃)より1日遅く、昨年に比べても1日遅く
●中国・近畿地方は平年(7月21日頃)より2日早く、昨年より1日遅く
●東海地方は平年(7月21日頃)より2日早く、昨年より9日早く
●関東甲信地方は平年(7月21日頃)より2日早く、昨年より10日早い、梅雨明けです。

本州や四国付近は太平洋高気圧に覆われ、概ね晴れています。向う一週間は、湿った空気の影響で雲の広がりやすい所もありますが、期間の前半を中心に高気圧に覆われ、晴れて気温の上がる所が多い見込みです。

14時のひまわり雲画像

梅雨の期間の降水量は全国的に平年より少ない所が多く、特に山陰、近畿南部、東海南部、関東南部では半分(50%前後)かそれ以下の地点が目立ちます。

梅雨期間の主な地点の降水量と平年比

綠色は平年より多かった地点

梅雨が明けていないのは、九州北部と北陸・東北南部・北部です。九州北部は明日にでも「梅雨明け」する可能性がありますが、その他の地方は、しばらく先(来週後半位)になりそうです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。