四国・中国~関東甲信まで一斉に「梅雨入り」

今朝11時に、気象庁および各地の気象台から四国・中国・近畿・東海と関東甲信地方で、「6月7日頃、梅雨入りしたと見られます」との発表がありました。

18時の降水予測

●四国地方は、平年より2日遅く、昨年に比べ3日遅い
●中国・近畿地方は、平年並(平年と同じ)で、昨年に比べ3日遅い
●東海地方は、平年より1日早く、昨年に比べ3日遅い
●関東甲信地方は、平年より1日早く、昨年に比べ2日遅い
梅雨入りになっています。

梅雨明けの平年は、四国で7月18日頃、中国・近畿・東海・関東甲信地方は7月21日頃です。



トミーです。週間予報によると、目先、四国・中国地方は8日~10日にかけ、近畿~関東甲信地方は9日~10日かけ梅雨の晴れ間になりますが、周期変化を繰り返し、例年7月に入ると梅雨の最盛期を迎えます。西日本は年間を通して、梅雨の時期が一番、降水量が多くなりますが、東日本は秋の長雨の時期の方が、降水量が多くなっています。

アジサイ(紫陽花)が似合う季節です

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。