沖縄と奄美地方が「梅雨入り」しました。

今日、沖縄気象台から沖縄地方が、鹿児島地方気象台から奄美地方が、それぞれ「梅雨入り」したと見られると発表がありました。

沖縄地方は、平年(5月9日頃)より4日遅く、昨年に比べ3日早く、奄美地方は、平年(5月11日頃)より2日遅く、昨年に比べ3日早い「梅雨入り」でした。
ちなみに、「梅雨明け」の平年日は、沖縄地方は6月23日頃、奄美地方は6月29日頃です。

5月14日9時の降水予測

トミーです。桜前線はまだ、北海道の釧路が残っていますが、南国ではいよいよ梅雨の季節に入りました。ただ、九州南部の梅雨入りの平年日は5月31日頃、近畿・東海・関東甲信は6月7日~8日頃ですから、日本列島が本格的な梅雨の季節に入るのはまだしばらく先になります。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。