今年のふたご座流星群、ってもしかして一番…!?

■これで見えたら逆にすごいかも!

毎年この時期はニュースなどでも話題になっていますが、今年のふたご座流星群、条件的には「最悪」とのこと。その理由は「満月とかさなる」「流星群の極大が日中の時間帯」…つまり「流星群を見るには明るすぎる」ってことですね。

いつもは歓迎される満月なのに、流星群の日と重なるとちょっと残念な気分になってしまうのは気持ち的には仕方がありませんが、もし「満月と流星群のコラボレーション」が見られたとしたら!それって結構スゴイことだと思いませんか?

%e6%b5%81%e6%98%9f%e7%be%a4%e3%81%a8%e6%ba%80%e6%9c%88

ふたご座流星群は、ふたご座を中心に四方八方に飛び散るように見えますので、どの方角を向いても見られます。月を背にしてできる限り暗い方向の空を見ると流星を見つけやすいかもしれませんね。

どうせ見えないなら見ない!のも、いや!こういうときこそ空を見上げるんだ!も、どちらも「アリです!」と思いますが、いずれにしても今夜は冷えそうですのでどうか防寒対策はお忘れなく。

【ふたご座流星群見えるかな?MAP】

14日の深夜は日本海側を中心として雪となるところも。雪と流星群のコラボが楽しめるかも知れませんね。

%e3%81%b5%e3%81%9f%e3%81%94%e5%ba%a7%e6%b5%81%e6%98%9f%e7%be%a4_201612142400

オレンジ:観測ばっちり 灰色:雲の隙間から見えるかも 水色:雨で残念 白色:雪
※12/15 24:00時点の予測


kiyoshima_winter

こんにちは。キヨです。全国的に星空観察には向かないお天気となりそうです。そんなときは、流星群がどこかで流れているんだな~と夜空に思いをはせてみるのはいかがでしょうか?

(2016/12/13 14:00)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

写真撮影の腕は、某ネイチャー系媒体で受賞するほど。「まだ見たことのないナニカ」と出会うことに喜びを感じ、行動範囲は世界規模。海にも山にも精通し、生物観察を至上の幸福とする。通勤時間が人より長めだが、脳内整理の時間に充てている。予報士の資格を幅広く世の役に立てたいと願う理系女子。