季節前進 北日本で雪が降るかも

北海道の上空には寒気(高度1500m付近に-3℃以下)が流れ込んでおり、北海道釧路地方の茶別(シベチャ)では今朝-0.2℃と氷点下まで気温が下がりました。標高の高いところでは雪が降り、峠道で雪が積もる可能性もありますので、車の運転の際は、路面の状態に注意してください。

【北海道には寒気吹き出しによる筋状の雲】

20161007_7%e6%97%a59%e6%99%82%e8%b5%a4%e5%a4%96%e7%94%bb%e5%83%8f

7日9時の赤外画像

週末と3連休の天気

きょう7日は移動性高気圧が本州付近を進むため、広く晴れるでしょう。ただ、気圧の谷が近づく九州では午後から雲が広がり、夜遅くには雨が降る見込み。

8日(土)から9日(日)午前中にかけては、日本海北部を発達しながら低気圧が北東に進み、低気圧からのびる前線が本州付近を通過する見込み。全国的に雨で局地的に激しく降るおそれがあり、落雷や突風などにも注意が必要です。北日本は9日にかけて強風に注意。

9日(日)午後から10日(月)の体育の日は、北からの乾いた空気が入り、秋晴れになるところが多いでしょう。北日本日本海側の山間部では雪が降る見込み。

(2016年10月7日09:00更新)


miyahara_winterみやっちです。昨日は関東地方の多くの地点で真夏日を記録しましたが、週末以降は秋の空気が入り、東~西日本でも朝晩の気温が15℃を下回る日が多くなる見込みです。北日本では山間部で雪の降るところがあり季節前進です。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。