【天・気になるシゴト】天気とゴキブリの深~い関係とは!?

さまざまなお仕事や企業にお仕事と天気についてのご質問をさせていただく企画「天・気になるシゴト」、前回に続いて株式会社フマキラーさんを訪問し、本企画恒例「5つの質問」をさせていただきました!

①お仕事の中で天気はどの程度重要ですか? 10段階評価でお願いします。

10段階でいうと8くらいでしょうか。天気の情報はかなり重要になってきますね。

②天気について、何を・一番・どのタイミングで、知りたいですか?

タイミングはそれぞれ違いますが、チェックしているのは「週末の天候」「年末から3月くらいまでの気温」「長期予報(1ヶ月・3ヶ月)」などです。
当社は殺虫剤・家庭用品・園芸用品などを主に製造販売していますが、花粉対策の商品も販売しておりますので、花粉の飛散情報などはとても気になるところですね。

冬が苦手と言われている虫でも、例えば1日のうち1時間程度でも虫にとって「適温」の時間帯があれば、活動できてしまうんです。2月や3月でも一時的に暖かくなる時間帯があると、動き始めるんです。それで1時間後との気温なども注意してみるようにしています。

③天気はいつどんなときにチェックしますか?

年間を通じてかなりこまめに見ています。虫の活動時期や状況を考えてお客様が早めの対策をできるよう、販売店舗さんに情報をお伝えします。

④天気によって苦労していること・工夫していることは?

平年と比べて気温が高くなると予測されると、販売店様へ売り場の早期展開を提案したり、残暑が見込まれる場合は展開期間を伸ばしていただくことを提案したり、といったところでしょうか。いわゆる害虫で皆様がお困りにならないよう、殺虫剤が必要なタイミングに間に合うようにしています。「出てから」の対策では遅いので、少し先回りをして「そのとき」役に立てるよう、皆様にお届けできるようにしたいと思って天気をチェックしています。

⑤今までで一番「天気に悩まされた」ことは?

そうですね…、予測がつかないときやタイミングがずれるときでしょうか。今夏のような酷暑で虫が活動するタイミングが違うと、殺虫剤を準備するタイミングも逃してしまったりなど、結果として必要なときにお手元にない!とお困りになることにもつながります。本当に必要なときに店舗に十分な品が揃っていないとお役に立てないですしね。

なるほど!気温や気象が与える影響が大きいんですね。蚊やゴキブリなどの生態系にも大きく関わる気象、その変化に対応していくフマキラーさん、お話をどうもありがとうございました。個人的にも、どうかゴキブリ壊滅(!)にむけてよろしくお願いいたします!

取材協力:フマキラー株式会社

シェア!