奄美で梅雨明け 今年の夏は やはり・・・

「今年の夏は暑くなる!」と毎月のようにお伝えしてまいりましたが、向こう3ヶ月(7~9月)はやはり全国的に暑くなりそうです。。

夏の太平洋高気圧が勢力を強め始め、きょう(26日)、奄美地方で平年より3日早い梅雨明けを迎えました。九州~東北地方も梅雨明けしたかのような真夏の陽気が続き、熱中症に注意が必要です。

熱中症にならないように!!
・水分をこまめに補給する。
・塩飴をなめる。
・屋外での運動は避ける。
・買い物などは夕方以降の時間帯にずらす。
・屋内では簾(すだれ)やカーテンで日射を遮る。
・冷房を適切に利用する。
・少しの時間でも車内にお子さんを放置しない。

▼7月~9月 平均気温の傾向

この先、曇りや雨の降る日もありますが、西日本や東海、関東甲信地方では平年より梅雨明けが早まる見通しで、早くから厳しい暑さが予想されます。
また、7~9月は全国的に暖かい空気に覆われやすく、今年の夏は猛暑に見舞われる日が多くなりそうです。こまめな水分補給と涼しい場所での休息を心がけましょう。

▼7月~9月 降水量の傾向

向こう3ヶ月の降水量は、西日本と沖縄・奄美地方は平年並みか少なく、北日本は前線や湿った空気の影響を受けることから多くなる見込みです。
東日本は期間全体を見ると平年並みの予想。ただ、月別でみると関東甲信地方や東海地方の7月の降水量は少なく、8~9月の降水量は多くなる見込みです。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。