【備忘録】緊急地震速報が鳴ったら、やるべきこと7つ

緊急地震速報が鳴り響いた瞬間、あなたはどう感じますか?
2015年3月にライフレンジャーが20~60代、男女700人を対象に行った「防災に関する意識調査」によると、逃げ切れる人はわずか20%という結果になりました。

■逃げ切れる or 逃げ切れない…あなたはどちら?

20160418画像5

Q 日ごろから地震や津波の被害に備えた対策が出来ていますか?

という質問に対し、日ごろから対策を出来ていると答えた人は全体の約2割、対策をしていないと答えた人は約8割という結果になりました。


■安全な場所に避難するまでに必要な7つのこと

例)就寝中に緊急地震速報が発表されてから、安全な場所に避難するまでの行動

図3
【※ ○ = 災害時に必要な行動 】
事前対策をしていない人ほど、震災時にやらなければならないことが多くなってしまいますね‥

①まずは落ち着く

–事前の備えの有無に関わらず、震災時にまず大切なのは落ち着いた行動をとること。

②灯りの確保

–今回の熊本地震も最初に大きな揺れが発生したのは夜でした。もし停電してしまったら、行動するには懐中電灯などが必須。

③靴をはく

–散乱した家具や割れたガラスなどがあると屋内でも足元は危険。枕元に靴の準備をしておくと◎

④身支度(防寒など)

–避難するときは動きやすい格好で。冬場は寒さ対策も重要です。また、場合によっては雨具なども必要かも。

⑤情報収集と判断

–避難時に必要なのは正しい情報。すばやい避難行動をとるために情報収集はとても大切です。

⑥防災グッズ

–地震後に思わぬ怪我などをしないよう、軍手やマスクの準備を。また、保存のきく非常食も準備できていますか。

⑦避難ルート決定

–どこに避難したらいい‥?どうやってそこまで行ったらいい‥?事前に準備が出来ているかどうかで大きな差が出るかも知れません。

日ごろから備えが出来ている人はいざというときにすばやく行動することが出来ます。

これまで備えをしてこなかった方へ、これを見てもまだ準備不足の8割の中にいるつもりですか?


こんにちは、アールです。久しぶりの緊急地震速報に恐怖を感じました。本当は常に意識していなきゃならないのに!準備はできていたっけ?枕元に靴、どうしたっけ?…これでは対策ができているとはいえないなあと反省です。対策は「いま」しかできません。どうか皆さま、くれぐれもご留意ください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。