どこを冷やせば効果的?意外と知らない、カラダを冷やすコツ

西日本では雨が心配な状況が続いていますが、関東地方などは気温の高い日が続いています。気温が高いと注意しなくてはならないのが「熱中症」。予防はもちろん、対処についても知っておきましょう。

「冷やす」といえば、なんとなく「おでこに冷たいものをあてる」イメージがあるかもしれませんが、身体を冷やすには、脇の下や首、脚のつけねを冷やす、ということをご存知でしたか? なぜなら、これらの場所は近く太いに血管が通っているため、熱を早く下げるのに最も効果的なので是非覚えておいてください。

体調の異変を感じたら

体を冷やす場所はココ!

わきの下、太ももなどに冷却材や冷やしたタオルをあてるのが効果的です。瞬間冷却剤など、ドラッグストアやインターネットでも手軽に手に入れることができる便利なグッズが数多く販売されていますので、避難グッズに追加しておいても良いかもしれませんね。

■お水だけとるのは逆効果?

また、水分補給は必要不可欠ではありますが、覚えておかなければならないことがあります。それは「一度にたくさんの水を飲まない・塩分も一緒に摂る」こと。汗を大量にかいた後は、身体の内部の成分バランスも崩しがちのため、かえって熱中症の症状を悪化させる危険もあるのです。ちなみに目安としては、水1リットルに対し2g程度の塩分です。経口補水液などの用意があると良いでしょう。

■老人や子どもに最新の注意を!

お年寄りは汗をかきにくく、暑さ・寒さを感じにくい、子どもは体が小さいため地面の照り返しなどで高温にさらされやすく、汗腺が未発達という特徴があります。お年寄りと子どもについては、細やかな心遣いやケアが必要ですね。


厳しい暑さの中、エアコンや扇風機の効かない場所に長時間いることを想像できますか?今、災害が起きたらそのような状況下に置かれることになるかもしれません。ただでさえ暑い夏は、熱中症のリスクが高いものです。熱中症への対策として体を冷やす場所を知っておくと大変役立ちます。普段の生活でも役立ちますので試してみてはいかがでしょうか。

 

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

編集部の尻叩き役としてやってきたが、年齢を省みず過酷な階段降りにチャレンジしてお尻の筋肉を痛める。あまり知られていない秘境的な場所に旅することが大好きで、数奇な気象現象と出会っているが、その貴重さを理解できていない。料理の腕はイマイチだが魚をさばくことが趣味。多肉植物中毒。