西の空に注目!周期3.3年のあの彗星が…

彗星といえば「ハレー彗星」が有名ですが、ハレー彗星の周期は約76年。一生のうちに2回見られるかどうか…という、ちょっと遠い目になってしまいそうな周期ですが、実は周期性が確認されている彗星はたくさんあります。現在のところ300以上もあるそれらの彗星のうち、ハレー彗星の次に周期性が確認されたのがこちら、エンケ彗星です。

宇宙

エンケ彗星の周期は3.3年。なんとなく親近感がわく数字ですね!このエンケ彗星が、2月下旬~3月上旬にかけて明るくなり“双眼鏡で観察できそう”と予想されています。また、エンケ彗星は11月頃に活動するおうし座流星群の母天体とされています。


■エンケ彗星の見つけ方

18時30分頃の西の空。金星の下方、地表すれすれあたりにエンケ彗星の姿が見える予定です。かなり低い位置になりますので、できる限り見晴らしの良い場所で、双眼鏡を使って西の空を見てみてください。

女の子

2月下旬は28日が新月。その前後は月明かりもなく、星の観察にはとっても適している環境です。あとはお天気次第ですね。

(2017/02/25 12:00更新)


kiyoshima_winter

こんにちは。キヨです。
双眼鏡で彗星が確認できるとは知りませんでした!2月下旬~3月上旬、西の空を観察してみてはいかがでしょうか。観察するにもお天気が重要です。天気を事前にチェックして晴れて雲の少ない日を選びましょう、気になるお天気はライフレンジャーでチェックして見てください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

写真撮影の腕は、某ネイチャー系媒体で受賞するほど。「まだ見たことのないナニカ」と出会うことに喜びを感じ、行動範囲は世界規模。海にも山にも精通し、生物観察を至上の幸福とする。通勤時間が人より長めだが、脳内整理の時間に充てている。予報士の資格を幅広く世の役に立てたいと願う理系女子。