季節先取りの暑さ続く

南から夏の空気が北上し、東シナ海~日本の南海上に梅雨前線が出現。梅雨入りした沖縄・奄美地方のほか、西日本や東日本も少し蒸し暑さを感じるようになりました。

向こう1ヶ月(5/18~6/17)も全国的に高温傾向が予想され、北海道~九州地方には「高温に関する異常天候早期警戒情報」が発表されています。湿度が上がり熱中症のリスクも高まりますので、出来るだけ通気性や吸水性の良い服装を選びましょう。

■高温に関する異常天候早期警戒情報(対象期間:5/18~5/27)

(資料:気象庁HP)

■高温に関する異常天候早期警戒情報(対象期間:5/21~5/30)

(資料:気象庁HP)

■向こう1ヶ月の天候の傾向

沖縄・奄美地方は来週前半にかけては曇りや雨の日が多い見込みですが、来週後半から5月末ごろにかけては梅雨の中休みとなりそうです。6月は梅雨空が戻る見通しですが、向こう1ヶ月の降水量は平年並みか少ない予想です。

西日本と東日本太平洋側は5月下旬の天気は周期変化となりますが、6月に入ると曇りや雨の日が多くなり、平年並みかやや遅れて梅雨入りする見込みです。なお、この週末は九州南部を中心に100ミリを超える大雨となるおそれがありますのでご注意ください。

北日本と北陸地方は高気圧に覆われて日差したっぷり。平年に比べて日照時間が多く、5月下旬は季節外れの暑さとなる日が多い予想です。

↑平均気温の傾向(5/18-6/17)

↑降水量の傾向(5/18-6/17)

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。