東北沖を北上中 吹き返し警戒

超大型の台風21号は強い勢力で静岡県御前崎市付近に上陸し関東を通過した後、東北沖の太平洋を北上しています。
台風を取り巻く活発な雨雲がかかり、関東甲信に続いて東北地方でも断続的に非常に激しい雨と風となっています。
関東地方の暴風はおさまっていますが、これまで各地で記録的な大雨となっていますので、河川の増水や土砂災害には警戒が必要です。

◆今後の注意点
北日本・北陸は夕方まで雨風強い
北~西日本 広範囲で吹き返しの暴風に警戒
北海道内陸部は大雪の恐れ

【大雨】
台風本体の雨雲がかかり東北でも非常に激しい雨
関東~近畿の雨のピークは越えるも、河川の増水や土砂災害には引き続き警戒

【暴風】
引き続き大型で強風域広く、日本海側中心に吹き返しの風も強い見込み。神戸市では45.9m/sを観測

【高波】
昼前にかけて東日本太平洋側は10mの高波とうねりで猛烈なしけ。





がんちゃんです。

最強クラスの秋台風は各地に大きな大雨の被害をもたらしています。接近中の東北地方をはじめ、いましばらくは大雨や暴風、高波に警戒してください。台風は秋雨前線を吹き飛ばしてくれて、ようやく長い雨のトンネルからは解放されそうですが、北海道は冬の空気が呼び込まれて内陸部は雪景色となりそうです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。