日曜夕方は部分日食の観察を

梅雨前線が北上し、西日本を中心に本降りの雨となっています。雨エリアは次第に東へ広がり、関東地方も午後から雨が降り出す見込みです。あす19日(金)は東日本や北日本も傘が手離せない一日となるでしょう。西日本はあすにかけて大雨となるおそれがありますので、土砂災害や川の増水、低い土地の浸水などに警戒してください。

↑土砂災害の前兆現象

◆週末は天気回復 日本全国で部分日食

週末は梅雨前線が本州の南海上に南下するため、西~北日本は天気回復へ向かいます。

西日本は土日ともに日差しが届き、洗濯日和になるでしょう。北・東日本は20日(土)も不安定な天気が続くため、お出かけの際は急な雨に備えて雨具を持っておきましょう。ただ、21日(日)は安定した天気となり、夕方16~18時頃にかけて西~北日本の各地で部分日食が見られそうです。日食観察用の専用グラスを使用して安全に観察しましょう。一方、奄美地方は前線の影響で曇りや雨が続き、沖縄も21日(日)以降はスッキリしない天気となる日が多くなる見込みです。

観察時の注意事項はコチラ↓で確認
天体観測〜6月21日は全国で部分日食が見られるかも!

西・東日本はあすにかけて暑さが落ち着きますが、週末は段々とこの時期らしい暑さが戻る見込みです。また、沖縄は真夏日、熱帯夜が続きますので、熱中症など体調管理に気をつけてお過ごしください。

↑熱中症対策を

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。