週末にかけて秋雨つづく

西~東日本の日本海側に停滞している前線の活動が活発となり、九州北部を中心に記録的な大雨に見舞われました。

この週末も前線や湿った空気の影響で曇りや雨のところが多く、西日本や東海、北陸地方では31日(土)にかけて断続的に雨雲がかかり大雨となるおそれがあります。土砂災害や低い土地の浸水などに警戒して下さい。

関東甲信地方もあす30日(金)は広い範囲で天気が崩れるでしょう。週末土日は晴れたり曇ったり急に雨が降ったりと変わりやすい天気となりそうです。お出かけの際は折り畳み傘を持っておきましょう。

31日(土)09時の予想天気図

↑秋雨前線が停滞

8月下旬に入り、秋の気配が感じられるようになりましたが、この週末から来週にかけて東日本や西日本では平年より気温が高く真夏日が続く予想です。ムシムシとした暑さがぶり返し身体に堪えそうです。

すでに夏休みが終わり学校が始まっている地域もありますが、来週から全国的に新学期のスタートとなります。学校でもこまめに水分・休憩をとるようにしてくださいね。

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。