変わりやすい秋の空 北日本は時雨模様

きょう25日(木)は高気圧に覆われて広い範囲で秋晴れとなっています。日本付近はあす26()にかけても高気圧圏内で秋晴れの続くところが多いのですが、西から気圧の谷が近づき、九州地方は昼頃から雨が降り出す見込みです。

27日(土)9時の予想天気図

27()は低気圧からのびる寒冷前線が日本列島を通過するため、西~北日本の各地で天気が崩れます。雨の降る時間は比較的短いですが、日本海側を中心に強い雨や落雷に注意が必要です。また、北日本は発達する低気圧の影響で沿岸部を中心に強い風が吹き、荒れた天気となるおそれがありますのでご注意ください。西日本は昼前には日差しが戻るでしょう。 

28()は関東以西で秋晴れとなり、行楽日和となるでしょう。一方、北日本の日本海側や北陸地方は寒気の影響で雲が広がり、来週にかけてぐずついた天気が続く見込みです。 

なお、この週末から来週にかけては11月中旬並みの寒気が流れ込み、西~東日本の平野部でも朝晩は10℃前後まで冷え込む見込みです。一層の防寒対策を行って体調を崩さないようにしましょう。

▼各地の予想気温

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。