週末は再び前線活発化

きょう(22日)は梅雨前線が九州南部付近に停滞し、高気圧に覆われた西〜北日本は広い範囲で梅雨の中休みとなりました。気温も上がり、熊本市で32.4℃を記録するなど全国145地点で30℃以上の真夏日となり、今年一番の暑さになったところもありました。

あす23日(土)は梅雨前線や気圧の谷の通過に伴い、西〜東日本は広く雨となり、太平洋側では激しく降るところもあるでしょう。

23日(土)9時の予想天気図

梅雨前線が再び西日本に

各地の週末の天気

■西・東日本は大雨に注意
梅雨前線の活動が再び活発化し、23日(土)は西~東日本の広い範囲で傘の出番。九州地方と四国~東海地方の太平洋側を中心に再び大雨となるおそれがあります。大阪府北部の被災地も23日(土)午後を中心に雨脚が強まる見込みですので、土砂崩れや家屋の倒壊など2次災害にご注意ください。24日(日)は天気回復する見込みです。

■北日本は晴れて気温上昇
北日本は概ね晴れますが、23日(土)午後は東北南部で雨が降りやすく、24日(日)は北海道で局地的な雷雨に注意が必要です。週末は25℃以上の夏日になるところが多く、真夏日になるところもある見込みです。熱中症にご注意ください。

■沖縄は梅雨明けカウントダウン
沖縄本島や先島諸島は梅雨前線が離れるため、天気の大きな崩れはなさそうですが、お出かけの際は折り畳み傘を持っておくと安心です。
梅雨前線は北上傾向にあり、沖縄地方はそろそろ梅雨明けとなりそうです。(梅雨明けの平年日は6/23ごろ)

(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。